マカのサプリメントを摂取する効果について

マカとは、ペルー原産のアブラナ科の植物です。ペルーの標高4000m以上の地域という寒暖差の激しい環境下で栽培されています。蕪や大根の仲間で、地元では栄養の多く含まれる球根状の根をおかゆに混ぜて食べることが多いようです。サプリメントではこの球根状の根を乾燥させてすりつぶしたり、エキスを抽出したものを使っています。厳しい環境で育つマカは生命力が強く、大地の栄養とエネルギーをたっぷり吸収するので多くの栄養を含んでいるのです。

 

マカは、アミノ酸やミネラルが豊富です。特に、アミノ酸の一種であるアルギニンが多いことと、体の機能を正常に保つのに欠かせない必須アミノ酸が含まれているのが特徴です。必須アミノ酸は、体内では合成できないので外部から摂取しなければなりません。そのため、マカは最適なサプリメントと言えます。また、マカには内分泌腺を活性化させる成分が含まれており、滋養強壮や精力回復、不妊症の改善に効果があるとされています。  栄養バランスの良いマカは、多くの効果が期待できることから今人気のサプリメントとなっています。

「コエンザイムQ10」

「コエンザイムQ10」は、栄養素を燃焼させてエネルギーに変換される補酵素です。あらゆる細胞に存在していますが、コラーゲンなどもそうですが、年齢を重ねるごとに体内の保有量はどんどん減少してきます。高い抗酸化作用があり活性酸素を除去する働きがあります。肌のハリ艶アップやシミやシワなど老化現象から肌を守る力がある「コエンザイムQ10」はエイジングケアとして大変注目されています。化粧品やダイエットサプリなどでも活用されています。

「コエンザイムQ10」は20代をピークに加齢とともに下降していきますから、食事では中々補いきれないのが現実です。体内に摂取する方法として、一番有効的なものは、サプリメントで摂取するのがおすすめです。活性酸素を除去してくれる「コエンザイムQ10」でアンチエイジング効果を期待して継続する事で、若返り効果も感じられる方も多いものです。抗酸化成分を摂取して老化予防し、いつまでも綺麗で健康でいられるのが理想的です。

ノコギリヤシは古くから薬草として利用されています

加齢とともに、トイレに行く回数が増えた、残尿感を感じるようになった、という男性は多いようです。また、体力の衰えなどを感じる人もいます。しかし、年齢のせいだからとあきらめていた人もまた多くいるようです。最近そんな症状の人たちに注目されているものの一つにノコギリヤシがあります。ノコギリヤシとは、アメリカなどに自生しているヤシの一種である植物です。ノコギリヤシの実は、薬草として古くから利用されてきました。

前立腺への働かきかけがあるとされ、欧米では研究も進んでいます。実際にノコギリヤシには体によい成分が多く含まれていることが科学的な分析で立証されています。ノコギリヤシを摂取した人からは、残尿感やすっきりとしない感じが無くなったという感想が多く聞かれます。また、体力も増した気がするという人も多いようです。ノコギリヤシを摂取したい場合には、成分が配合されたサプリメントがあるので利用すると手軽に摂取することができます。

グルコサミンの効果と選ぶポイント

グルコサミンは、間接の痛みにとても有効とされています。健康食品などで摂取すると、間接や骨格がなめらかな動きになるという効果が期待できるのです。また、皮膚や爪に存在し、グルコサミンを体内に入れることでヒアルロン酸の生成につながります。即効性はありませんが、じわじわ効いてくるのです。さらに、加齢とともに減ってくるグルコサミンを補充することで、関節痛や変形性関節症、リウマチの改善、予防の効果があります。

このグルコサミンの上手な摂取方法は、サプリメントがおすすめです。CMでもやっていたり、いろいろなメーカーから市販されていて迷う方もいらっしゃるかと思います。選ぶポイントを紹介します。まず、グルコサミンの含有量です。1日1500mgが目安量なので、服用回数を考え目安量を越えているか確認します。次に、配合されている成分のチェックです。コンドロイチンが入っているかを見て下さい。これは同時に摂取することで相乗効果を発揮します。そして、グルコサミンの原料がアレルギーの心配ない原料かをみることです。

豊富なアントシアニンを含むブルーベリーとそのサプリメント

ブルーベリーは主には北米で産出され、世界の産出量の90%近くを占めています。収穫は4月中旬から10月の初旬まで行われています。ブルーベリーの小さな紫色の粒にはアントシアニンという成分が含まれていて、目にいいと言われています。視力の低下や目のかすみやぼやけ、白内障予防などにも役立ちます。アントシアニンはポリフェノールの一種なので、ビタミンCの約5倍の抗酸化作用があるのです。細胞の酸化を防ぎ、細胞の働きを活発にすることで、がんや糖尿病などの生活習慣病の予防にもなるのです。

またブルーベリーには食物繊維も豊富に含まれているので便通も良くなります。食物繊維の含有量はバナナやキウイフルーツよりも多く果物の中でも一位なのです。そしてさらにブルーベリーのいいところは種や芯もなく、皮ごと丸ごと食べられることと低カロリーであること、そして野菜のように加熱調理をして栄養分がなくなることがなく生のまま食べられることです。そのブルーベリーの栄養分を毎日手軽に摂取することができるようにサプリメントもたくさん販売されています。そのようなサプリメントを利用して目や体の健康を維持していきましょう。