痩身エステのディーフォーカスってなんですか?

ディーフォーカスとは、次世代の痩身エステマシンのことを言います。前立腺がんのがん細胞を破壊するために開発された最先端の医療技術を取り入れて開発されました。よく理科の実験などで行う、ルーペに太陽光を集めて紙に当てるとその一点のみが焦げる原理と同様、ディーフォーカスは超音波を特殊なレンズを通して皮膚に当てます。すると皮膚表面はそのままの状態で、脂肪層にだけ熱を発生させ脂肪を排出するという仕組みです。

 
これにより、体内の1.3センチという決まった深さにだけ超音波のエネルギーを当てることができ、そこにある脂肪細胞(セルライト)のみを溶解させることが可能になります。皮膚表面には何もダメージはなく、安全かつ高い確率で脂肪を取り除くことができるマシンです。まさにメスのいらない脂肪吸引として世界的にも注目されています。

 
使用方法は脂肪を取りたい箇所にヘッドを当て、同じ箇所に3〜5回ショットします。ショットの範囲は1センチ×1センチ程度です。このとき、皮膚から1.3センチの深さのところにだけ56度以上の熱が生じますが、皮膚表面には損傷もなく熱を感じることもありません。脂肪層にだけ熱を与え、必要のない脂肪細胞のみを溶解します。溶けた脂肪細胞は、消化されたり、基礎代謝や運動などによって体外に排出されます。溶解した後の脂肪細胞は、約10週間をかけて排出され、徐々に体の中の脂肪が減少していく仕組みです。

 
ディーフォーカスを使った痩身エステの大きな特徴は、リバウンドしにくいということです。脂肪細胞の塊であるセルライトにも効果を発揮しますので、余計な脂肪細胞を残らず排出することが可能。そのためリバウンドしづらい体を目指すことができます。

 

また、部位を選ばず与えるエネルギー量などのコントロールもしやすいため、一人ひとりに合ったアプローチができるのもディーフォーカスならではと言えます。

 

しかも即効性もあり、1回の施術だけで1サイズダウンしたという人もいるくらい効果が期待できるトリートメントです。

コメントは受け付けていません。