グルコサミンの効果と選ぶポイント

グルコサミンは、間接の痛みにとても有効とされています。健康食品などで摂取すると、間接や骨格がなめらかな動きになるという効果が期待できるのです。また、皮膚や爪に存在し、グルコサミンを体内に入れることでヒアルロン酸の生成につながります。即効性はありませんが、じわじわ効いてくるのです。さらに、加齢とともに減ってくるグルコサミンを補充することで、関節痛や変形性関節症、リウマチの改善、予防の効果があります。

このグルコサミンの上手な摂取方法は、サプリメントがおすすめです。CMでもやっていたり、いろいろなメーカーから市販されていて迷う方もいらっしゃるかと思います。選ぶポイントを紹介します。まず、グルコサミンの含有量です。1日1500mgが目安量なので、服用回数を考え目安量を越えているか確認します。次に、配合されている成分のチェックです。コンドロイチンが入っているかを見て下さい。これは同時に摂取することで相乗効果を発揮します。そして、グルコサミンの原料がアレルギーの心配ない原料かをみることです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です