豊富なアントシアニンを含むブルーベリーとそのサプリメント

ブルーベリーは主には北米で産出され、世界の産出量の90%近くを占めています。収穫は4月中旬から10月の初旬まで行われています。ブルーベリーの小さな紫色の粒にはアントシアニンという成分が含まれていて、目にいいと言われています。視力の低下や目のかすみやぼやけ、白内障予防などにも役立ちます。アントシアニンはポリフェノールの一種なので、ビタミンCの約5倍の抗酸化作用があるのです。細胞の酸化を防ぎ、細胞の働きを活発にすることで、がんや糖尿病などの生活習慣病の予防にもなるのです。

またブルーベリーには食物繊維も豊富に含まれているので便通も良くなります。食物繊維の含有量はバナナやキウイフルーツよりも多く果物の中でも一位なのです。そしてさらにブルーベリーのいいところは種や芯もなく、皮ごと丸ごと食べられることと低カロリーであること、そして野菜のように加熱調理をして栄養分がなくなることがなく生のまま食べられることです。そのブルーベリーの栄養分を毎日手軽に摂取することができるようにサプリメントもたくさん販売されています。そのようなサプリメントを利用して目や体の健康を維持していきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です